任意整理の手順


ホーム任意整理>任意整理の手順

借金などの債務整理の方法の1つに任意整理があります。
自己破産が法律や裁判所の力を借りて債務をゼロにする法的整理なのに対して、任意整理は法律や裁判所の力を借りずに、貸し手側と文字通り「任意に」債務の整理を話し合う方法です。

「話し合う」といっても借金が条件どおりに返済できれば何も話し合う必要はないのであって、条件どおりに返済できないから「話し合う」ことになるわけです。
任意整理とはもっと簡単に言えば「借金をまけてもらって少なくし、返済できるようにする」方法と言えます。

自己破産の場合だと仮に不動産や車などの一定金額以上の資産がある場合、借金がゼロになる代償として資産も基本的にすべて失ってしまうデメリットがあります。
これに対して任意整理はあくまでも「話し合い」ですから、話し合いさえつけば資産を失わずにすむことも可能です。

もっとも自己破産同様、信用情報には事故情報が登録されますから、一定期間(5年~7年)は新たな借金をしたり、クレジットカードを作ることが出来なくなります。

では任意整理の手順を簡単に説明します。
通常、任意整理はつぎのような手順で進められていきます。

1.債務の調査
どれほどの債務があるのかを正確に調べることから始まります。
これは現在どこからいくら借金があるのかだけでなく、「いつ借りたのか、どれくらい返済したのか」など借金の取引状況も詳しく調査することになります。

2.債務を確定する
1の調査を踏まえて債務の金額を確定させます。
ここで問題になるのが過去の取引状況によってわかった過払い金の問題です。
借金の金利は法律で上限が決まっています。
しかし任意で上限金利を超える利息を払っても、それは構わないことになっています。
消費者金融などは以前はこの上限を超える金利で貸付をしていました。

任意整理の債務調査においては、この過去の取引によって上限を超える金利を払っていたかどうかが問題になります。
いわゆる過払い金の問題です。
債務整理において上限を超える金利を支払っていた場合、その金利は元本の返済に充当されたものとみなされます。
つまり過払い金の分だけ借金が減るのです。

債務の調査の結果、どれだけ借金が減るか?
この債務の確定作業は任意整理が可能かどうかの分かれ目と言っても過言ではありません。

3.返済計画の策定
2の債務の確定作業の結果、残りの借金をどのように返済していくかの計画を策定します。
一括で返済できれば問題はないのですが、分割返済となる場合、完済までどのくらいの期間が必要かがポイントです。

任意整理ですから別に返済期間が法律などで定められているわけではありません。
あくまでも話し合いによって決めることなのですが、おおむね3年間で完済できるかどうかが話し合いが成立するかどうかの相場となっています。
完済までに3年超かかる場合は、任意整理をあきらめて自己破産が1つの選択肢となります。

4.債権者との合意
3での返済計画によって債権者と合意できれば、以降その新しい返済計画に基づいて返済を続けていくことになります。

任意整理の流れはざっとこんなものです。
そして債権者との話し合いは別に債務者自身が行ってもよいのですが、複雑な話し合いになるため、よほどの知識や経験がないと債権者と向かい合うのは現実的には困難です。
債権者に相手にされないことがほとんどでしょう。
したがって弁護士になどの専門家に任せることをおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト