個人信用情報機関の情報交流(CRIN・クリン)とは

ホーム個人信用情報に関すること>個人信用情報機関の情報交流(CRIN・クリン)とは

個人信用情報機関は大きく銀行系、クレジットカード系および消費者金融系の3つの機関が存在します。
例えば銀行系の情報機関である「全国銀行個人信用情報センター」は各個人の銀行取引に関する情報を集中して管理しています。
そしてある銀行に個人がカードローンを申し込んだ場合、その銀行は「全国銀行個人信用情報センター」に照会をして、その個人の銀行取引に関する信用情報を収集し審査の材料としています。

この場合、その銀行がクレジットカード系や消費者金融系の個人信用情報機関にも加盟していればそれぞれの個人信用情報を収集することが出来るのですが、大半の銀行は3つのすべての個人信用情報機関に加盟しているわけでありません。
さきほどの個人の方がカードローンを申し込んだ銀行が銀行系の個人信用情報機関にのみ加盟している場合、その個人が仮にクレジットカードの取引で延滞等の事故を起こしていたとしても、その事実を知ることが出来ません。
銀行としてはクレジットカードで延滞をしている人にカードローンを提供したくないはずです。
しかし銀行系の個人信用情報機関にしか加盟していなければ、その銀行はクレジットカードの延滞情報を知ることが出来ません。
また個人としてもいろいろな金融機関から借入をすることが可能となり、多重債務を後押しすることにもつながってしまいます。





そこで銀行系、クレジットカード系および消費者金融系の3つの個人信用情報機関は互いに情報交流を行い、延滞など特に重要な信用情報を他の機関に提供を行っています。
これを情報交流(CRIN、クリン)と呼んでいます。

この情報交流(CRIN、クリン)によってクレジットカードで延滞事故を起こしている個人は銀行にカードローンを申し込んだとしても、その銀行にクレジットカードの延滞情報が伝わってしまい事実上カードローンの審査も通らなくなってしまうのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%