収入が高くても経営者の住宅ローンが通らない理由


ホーム経営者・自営業者の住宅ローン>収入が高くても経営者の住宅ローンが通らない理由

会社の経営者で収入は一般のサラリーマンより高いにも関わらず、住宅ローンの審査に通らないケースが少なくありません。
このようなケースで住宅ローンの審査に通らない多くの原因は経営する会社の決算内容が悪いということです。
中小企業の場合、経営者と会社は一体です。
少なくとも銀行はそのように見ています。

どれだけ経営者の個人収入が高くても、経営する会社の決算内容が悪く資金繰りに窮する場合、経営者個人の資金が会社に投入されることはよくあることです。
つまり経営者の収入は経営する会社の内容によって大きく左右されてしまいます。
会社の決算内容に問題がなければ経営者の収入は「安定している」と考えられますが、決算内容が悪ければ経営者の収入は「不安定」だと考えることが出来るのです。

経営者の住宅ローン審査ではこのように本人の収入もさることながら経営する会社の内容の審査も行われて判断されているのです。
このため一般のサラリーマンよりもハードルが高くなるのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト