連帯保証人をつければ住宅ローンの保証料はかかりませんか?

ホーム住宅ローンと連帯保証人>連帯保証人をつければ住宅ローンの保証料はかかりませんか?

銀行住宅ローンの大半は住宅ローン保証会社の保証をつけて実行されます。
そして住宅ローン利用者は保証の対価として住宅ローン保証会社に保証料を支払うことになります。
ここで問題になるのは連帯保証人をつければ住宅ローン保証会社の保証は不要となり、保証料負担が発生しないかどうかですが、残念ながら連帯保証人をつける、つけないに関わらず、住宅ローン保証会社の保証は住宅ローン利用の必須条件としているケースが多く、保証料負担も発生します。

通常、銀行住宅ローンは連帯保証人をつけないのが原則で、連帯保証人が必要となるケースは1.購入する不動産の名義が共有名義である場合 2.収入合算者がいる場合 の2つのケースにほとんど場合限られます。
そしてこのケースの場合に連帯保証人をつける理由は、住宅ローンの主たる債務者とほぼ同じ返済責任があるという自覚を持っていただくという意味合いが本当のところです。
主たる債務者と協力して住宅ローンをきちんと返済していただくという念押しの意味なのです。





また多くのケースの場合、住宅ローンの主たる債務者が返済不能となった場合、連帯保証人も返済不能の状況であることが圧倒的に多く、連帯保証人からローンを回収することは期待出来ないのが実情です。
これでは銀行としては困りますので、確実に住宅ローンを回収する補完手段として住宅ローン保証会社の保証をつけるのです。

住宅ローン保証会社の保証は住宅ローンの利用の必須条件であるケースがほとんどであり、連帯保証人の有無に関係ありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%