信用保証協会へ債権が移されましたが事業を継続することは可能ですか?

更新日:

事業の継続には影響なし

銀行から借り入れしていた信用保証協会保証付融資が返済不能となった場合、銀行は信用保証協会に代位弁済を請求し銀行は融資金を回収することが出来ます。
信用保証協会が銀行に代位弁済することにより、債権者は銀行から信用保証協会へと移りますから今度は信用保証協会と返済についての交渉を行うことになります。
債権者が銀行であれ信用保証協会であれ、どちらも債権を回収するには融資先が事業を継続してもらうことが一番大切なことです。
ですから債権が信用保証協会に移ったとしても事業の継続には何ら支障はありませんし、信用保証協会も事業の継続を望んでいます。
信用保証協会に債権が移ったからといってそのことが原因で事業の継続が困難になることは一切ありません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会保証付融資の代位弁済
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.