信用保証協会に代位弁済されたら毎月の返済はどうなりますか?

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会に代位弁済されたら毎月の返済はどうなりますか?

信用保証協会が銀行に対して代位弁済をした後は、信用保証協会に今後は返済をすることになります。
その場合の返済額は何も機械的に決まっているわけではなく、まさしく「話し合い」で毎回の返済額を決めることになります。
信用保証協会が一方的に返済額を指定してくるわけではありません。





信用保証協会とは真摯に返済額の交渉をされることをおすすめします。
信用保証協会に代位弁済されたわけですから、代位弁済された債務者は資金繰りが破綻しています。
資金繰りが破綻状態にあることは信用保証協会もわかっています。
ですから現在の状況をきちんと説明し、いくらであれば毎月の返済が可能なのかを話せば良いのです。
その際注意すべきことは最後まで返済を成し遂げる姿勢をアピールすることです。
完済する意思をしっかりと示せば、信用保証協会も真摯に対応してくれるはずです。

臆することはまったくありません。
現在のおかれた状態を説明すれば、毎月確実に返済可能な金額になると思います。
毎月1万円の返済だってよくある事例です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%