信用保証協会の保証付融資が返済出来なくなったらどうなりますか?

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会の保証付融資が返済出来なくなったらどうなりますか?

信用保証協会保証付の銀行融資が返済出来なくなった場合、一定期間(通常は延滞開始から3ヶ月経過)後に銀行は信用保証協会に代位弁済、つまり債務者に代わって返済するように請求を行います。
融資をした銀行は信用保証協会による代位弁済によって融資金を回収することになります。

中小企業や自営業などの債務者は代位弁済後は銀行ではなく信用保証協会から返済を請求されることになります。
返済額は真摯に信用保証協会に相談すれば、決して無理な返済を強いられることはないと思います。
きちんと話し合いをされることが大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。