信用保証協会保証付融資では個人信用情報も審査の対象になりますか?

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>信用保証協会保証付融資では個人信用情報も審査の対象になりますか?

個人の借入は大きく消費性のものと非消費性のものに分けることが出来ます。
消費性の借入は住宅ローンや教育ローン、オートローン、フリーローンなどが代表例です。
一方で非消費性というのは運転資金や設備資金など事業に関する借入となります。

個人信用情報というのは個人の消費性の借入に関する情報が取扱の対象です。
非消費性の借入は対象外となっています。

そして信用保証協会は事業に関する借入について保証を行うのであり、消費性の借入に関する保証は行いません。
したがって信用保証協会保証付融資においては個人信用情報は審査の対象とはなりません。
現に信用保証協会は個人信用情報機関には加盟していません。

ただ破産など官報に掲載される情報は個人信用情報機関に照会を行わなくとも収集出来る情報です。
官報情報は信用保証協会もデータベース化していることは考えられます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。