個人信用情報機関に間違った情報が登録されている

ホーム個人信用情報に関すること>個人信用情報機関に間違った情報が登録されている

質問
私は5年程前に任意整理で借金を返済しました。
最近どうしてもお金が必要になり消費者金融に申し込みをしましたが融資不可の連絡がありました。
任意整理でその当時の借金はすべて完済したのに、どうも個人信用情報機関に一部の借金が未返済のまま残っているらしいのです。
融資不可の原因はそれだと言われています。
どうしたら解決できるのでしょうか?

回答
消費者金融を含めて個人信用情報機関に加盟している金融機関は、融資が完済となればその事実を個人信用情報機関に登録申請を行うことになっています。
今回の場合、その申請がなされていない可能性があります。





解決策としてはまずは該当の個人信用情報機関に問い合わせを行い、完済している事実を説明し情報の変更を依頼してください。
依頼を受けた個人信用情報機関は該当の金融機関に照会を行い、完済されていることが事実であれば、情報の更正を行います。

なお任意整理をし融資が完済となった場合、完済後5年間は個人信用情報機関に登録されることになっています。
したがって個人信用情報機関から情報が削除されるのは完済後5年経過後となりますのでご注意ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達