銀行カードローンの審査について

ホームカードローンの審査>銀行カードローンの審査について

質問
銀行カードローンの申し込みを考えています。
その銀行では申し込み時に必要な書類は本人確認資料のみで源泉徴収票などの所得を証明するものは必要ありません。
その場合、カードローンの申込書に記入する年収の金額を偽って記入したらどうなるのでしょうか?
銀行側は偽りの申告で審査をするのでしょうか?

回答
申し込み時に必要な書類が本人確認資料だけである場合、申込書に記入された年収はあくまで参考として見るだけです。
したがって仮に偽りの年収を記入しても、審査には影響を与えません。
しかし一般感覚とはかけ離れた収入を記入した場合は別ですが・・・。





また審査の過程で源泉徴収票など所得を証明する書類を追加で要求される場合があります。
その際、申込書に記入されている数字とかけ離れている場合には、虚偽の申告ということでそれだけでカードローンの審査が通らない可能性が高いです。

要するに正しい年収を申込書には記入してください。
虚偽の年収を記入した場合、通る審査も通らなくなります。

申し込み時に必要な書類が本人確認資料の場合には、小額のカードローンの場合です。
したがって収入の多い、少ないはそれほど審査に影響を与えません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%