特殊な能力をもっている契約社員ですが住宅ローンは難しいですか?

ホーム住宅ローンと契約社員・派遣社員>特殊な能力をもっている契約社員ですが住宅ローンは難しいですか?

質問
銀行で住宅ローンの仮申し込みをしてきました。
問題がひとつあり、夫はいわゆる契約社員です。
ただ特殊な能力を必要とするものなので年収は一般のサラリーマンより多いと思います。
契約社員だと住宅ローンは難しいと聞きます。
やはり難しいでしょうか?

回答
住宅ローンが契約社員は一般的に難しいと言われているのは収入の安定性の問題です。
ご存知のように住宅ローンは超長期の銀行ローンです。
したがって長期にわたって返済が可能なためには何よりも収入が安定していることが重要なのです。





この点において、いわゆる契約社員は収入の安定性にどうしても疑問符がついてしまうため、住宅ローンが難しいと言われています。

ただご主人の場合は少し異なると思います。
「特殊な能力を必要とする」とありますが、ここのところを収入の安定性と結びつけて説明してみてください。
銀行は契約社員だからだめというような一律的な対応はしていないはずです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達