謝絶された理由を積極的に聞く


ホーム銀行融資の交渉>謝絶された理由を積極的に聞く

融資が受けられないのなら返済はしない

先日ある運送業の社長から運転資金の申し出があった。
この会社とは数年前から融資取引がある。
新しい決算書をもらい、分析したが結果は「不可」。
つまり追加融資は出来ず、本日社長に謝絶した。

するとこの社長は「じゃ、お宅からの借入金は今後返済できない。
そういうことでいいですね」との反応。
当方より融資を謝絶され、この社長の気持ちもわかりますが、こんなことを言われても融資が出来ない方針は変わらない。
当方より「今のご発言の趣旨は何ですか」との問いには、売上が伸びているのに銀行は融資をしないのはおかしいなどと。

なぜ融資出来ないのか

今回融資を断る理由としては、純粋にその財務内容にあった。
親族への多額の貸付金、程度を超えた株式投資。
このような会社には融資は出来ない。
運転資金として融資しても、他の使途に流用される危険さえある。
どういう点で出来ないのかと聞いてくれれば、当方よりも財務上の問題点をアドバイス出来るのだが、「じゃ、お宅からの借入金は今後返済できない」との反応では・・・。
このような発言をする社長には、今後仮に財務内容が改善したとしても、融資はまず行わない方針です。
経営者の資質を問題とするからです。

銀行は可能な範囲で融資が出来ない理由を開示しています

銀行に融資を申し込んで、希望通りの結果にならないケースは当然あります。
その時、その銀行とは今後一切取引しないということであれば今日の社長のような反応でもいいかもしれません。
しかし今後もその銀行と取引するつもりは少しでもあれば、なぜ出来ないのかを積極的に聞くべきだと思います。
そうすれば、銀行からは少なくとも財務上の問題であれば、改善のポイントなどを教えてくれるはずです。
そうして努力してもらえれば、今後必要なときにその銀行から融資を受けられる可能性が高くなります。

この社長、他の銀行ともどうも喧嘩腰に対応しているようです。
こんなことを続けていけば、相手にしてくれる銀行がなくなります。
なぜ融資を受けられないのか、どうすれば融資が受けられるようになるのか、銀行借入が必要な状態ではまずそのことを考えてください。
そうしたことを続けていくうちに会社の財務基盤は強化され、そのうち銀行から借入しなくても済むようになります。
そうしたらその会社は立場が替わって、銀行からみて債権者になれます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト