銀行は試算表の作成状況を見ています

更新日:

決算書は過去の数字

ある自動車関連部品の卸売業の中小企業から融資の相談を受けた。
この会社は3月決算先であり、前期の決算から相当時間が経過しているので、私は現時点での試算表の提出を求めた。

しかしこの社長はこれに難色。
「顧問の税理士が出してきる期の半ばでの数字はあまり信用できない。
その数字でもって判断されたら困る。またそもそもなぜ試算表を出さないと融資を検討できないのか。
お宅とは長い取引だし、毎年きちんと決算書を出しているじゃないか」。

決算書というのはあくまで過去の数字です。
前期決算からそれほど時間が経過してなければ、現時点での試算表を求めずに、融資を審査することも可能。
ただし今回の場合は前期決算からおよそ1年が経とうとしている。
融資する立場からは前期決算の数字もさることながら、足元の数字がどうなっているかを確認するのは、当然だと考えます。
実際前期決算をもとに融資をしたところ、新しい決算書は大幅な赤字であったという苦い思いが過去何回もあります。

試算表がないと足元の状況がわからない

今日の社長はひたすら試算表の開示を拒んでいます。
大幅な赤字なので出せないのか、それともそもそも年に1回、決算の時にしか、数字を確認しないのか。
足元の数字が分かっていない経営者の会社に安心して融資が出来ますか?
試算表の提示、もしくは概略でいいので今期の状況を示す資料を試算表の代わりに開示いただけなければ、融資には応じない方針です。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資交渉
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.