数字の不一致は銀行融資謝絶の原因になります


ホーム銀行融資の受け方>数字の不一致は銀行融資謝絶の原因になります

売上高の数字が違う

ある自動車関連機器の製造メーカーから運転資金の申し出を受けた。
前期決算より半年以上の時間が経過していたので、直近の試算表の提出を受けるとともに、所定の申込書を受領した。
所定の申込書には最近1年ほどの月別売上高を記入いただく欄がある。
申込書上に売上高と試算表の売上高がかなり乖離がある。
多少の乖離はそれほど気にしないが、今回の場合、2倍以上の乖離があった。

銀行は書類の整合性や数字を一致を確認しています

銀行に借入の申込をすると、複数の書類を提出します。
今回のような申込書や試算表、納税証明書など。
これら書類の提出を受けて銀行は試算表などで足元の業績を確認するのですが、それ以外にもそれぞれの書類の整合性をチェックしています。
上の例のように売上高の整合性を申込書と試算表でチェックしたり、納税証明書で税金の完納・未納のチェックのほかに、すでにもらっている決算確定申告書上の納税額との一致などを確認しています。

書類の正確性を確認

これら数字の整合性を確認するのは、提出された書類の正確性を確認したり、粉飾の有無をチェックしたりするのに使用しています。
普通にやっていれば、これら数字は一致するはずです。
時々納税証明書と確定申告書上の納税額とが一致しない場合があります。
この場合は何だかの理由で決算申告後、さらに修正申告をしているケースだと思います。

銀行は提出された書類にて申込してきた相手先が、簡単に言えばうそをついていないかどうかをチェックしているのです。
今回の申込のあった会社に対しては、その違いの理由を確認中です。
納得できるものであれば、それはそれでかまいません。
逆に理由がおかしいのであれば、場合によって融資をお断りすることになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト