一度に複数の銀行に融資を申し込むことの是非

ホーム銀行融資の交渉>一度に複数の銀行に融資を申し込むことの是非

例えば運転資金として1,000万円の借入を予定しているとします。
この場合、A銀行にだけ融資申し込みをしたらいいのか、それともA銀行とB銀行にそれぞれ申込みをしたらいいのか、どちらが良いと思いますか?

正解はA銀行だけに1,000万円を申込みした方が無難です。
会社の融資借入の場合は、個人のように金融機関同士が提携した個人信用情報といった制度がありませんから、複数の銀行に同時申込みをしていても、その事実を銀行が知る可能性は低いです。





ですが、申込みした銀行が互いに信用保証協会の保証付融資にて検討をした場合、信用保証協会からの情報によって複数の銀行に申込みをしている、つまり二股をかけている事実を知る場合があります。
複数の銀行に同時に申し込むこと自体が悪いことではないと思いますが、二股をかけられた銀行はあまり良い印象を持たないのが本音です。

信用保証協会側としても複数の銀行から同時に申込みを受けても、どちらかに一本化しないとなかなか審査がしづらいことが本音です。
金利など条件が銀行毎に異なる場合がありますが、それは銀行への事前交渉で探り、もっとも条件的のよさそうなところに申し込んだ方が得策だと思います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達