自己破産していますが信用保証協会保証付融資を受けることは出来ますか?


ホーム信用保証協会保証付融資の審査>自己破産していますが信用保証協会保証付融資を受けることは出来ますか?

以前に自己破産している個人事業主が銀行から信用保証協会保証付の融資を受けることが出来るかどうかがここでのテーマです。
銀行によって取扱が異なるとは思いますが管理人が勤務している銀行の例でご案内します。

審査は銀行の融資資産と信用保証協会の保証審査の2つ

信用保証協会保証付融資では銀行の融資審査と信用保証協会の保証審査の2つの審査が行われます。
また自己破産情報は通常は個人信用情報機関への照会によって判明します。
したがって信用保証協会保証付融資において個人信用情報機関に照会を行うかどうかが判断の分かれ目になります。

管理人が勤務している銀行では個人事業主向けの信用保証協会保証付融資の審査時に個人信用情報を調査することはしません。
したがって銀行では自己破産情報はわかりません。

そして信用保証協会はそもそも個人信用情報機関に加盟していませんから、個人信用情報を調査することを行いません。
このことから自己破産している個人事業主であっても、自己破産が原因で信用保証協会保証付融資が受けられないことはないと思われます。

ただ一点。
自己破産情報は「官報」に掲載されますから、官報の情報を信用保証協会が独自のデータベースに蓄積している可能性はあります。
そうであれば信用保証協会で自己破産情報を認識することになりますから、信用保証協会の保証が受けられない可能性はあります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト