他の金融機関から借入があることを黙って融資の申込みをしても大丈夫でしょうか?

更新日:

ホーム銀行融資の交渉>他の金融機関から借入があることを黙って融資の申込みをしても大丈夫でしょうか?

銀行融資の審査のポイントは融資先の返済能力、つまり融資したお金をきちんと返済出来ることが可能かどうかの見極めですが、それ以前に融資先が信頼できる取引の相手方であることという条件があります。

融資の申込みの際に、決算書などに出ていないところから借入があることなどを隠すことは取引の前提である信頼関係を壊すことになります。
仮にその時は他の借入があることを隠して融資の審査が通ったとしても、その後銀行は必ず事実に気付きます。
そうなった場合、その銀行から追加融資を含め二度と新たな融資を受けることは出来なくなります。

騙された相手方にその後お金を貸す人はいないと思います。
銀行だって同じです。

融資の申込みの際にはくれぐれも事実をきちんと説明されることが大切です。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資交渉
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.