銀行融資の申込みではいくら借入したいのかをはっきりしてください

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資の申込みではいくら借入したいのかをはっきりしてください

いくらぐらい借入出来ますか?はだめです

銀行融資の借入申込みで意外に多いのが「いくらぐらい借入出来ますか?」とか「借りられるだけ借りたい」といった申込みです。
このような申し込み方法では銀行は困るのです。
銀行融資の審査は基本的には受身です。
借入希望額の提示があって、その上で決算書や足元の業績動向、資金使途の妥当性などを判断して最終的に希望額の融資が可能かどうかを審査しています。

融資希望額を明示する

「3,000万円の運転資金を借りたい」というのと「借りられるだけ借りたい」とでは銀行の受け止め方もまったく異なります。
「3,000万円の運転資金を借りたい」といったように借入希望額がはっきりしている場合は銀行はその会社なりがきちんと資金繰りを把握し、また計画性もあるなどと肯定的な受け止め方をします。
一方で「借りられるだけ借りたい」ではその会社は自社の資金繰りをまったく考えてなく、また計画性もないなどと否定的な受け止め方をします。
否定的な受け止め方を銀行がすれば当然ながら銀行融資審査は厳しい態度で臨むことなります。

銀行融資の申込みにあたってはまず全体の必要額を算出し、その範囲内でいくら銀行借入を希望するのかをきちんと整理し、銀行に伝えることが大切です。
銀行は借入希望額の明示があれば、何とかその希望額の銀行融資が可能とならないか、それぞれの銀行員は努力するものなのです。
「いくらぐらい借入出来ますか?」とか「借りられるだけ借りたい」などといったあいまいな銀行融資の申込みはやめましょう。
受けられるものも受けられなくなってしまいます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。