金融円滑化法を利用するとその後新たな融資は利用出来なくなりますか?

ホーム返済条件変更(リスケ)>金融円滑化法を利用するとその後新たな融資は利用出来なくなりますか?

金融円滑化法を利用して返済条件の緩和をしたからといって、その後ずっと新たな融資が受けられなくなることはありません。

ただし、金融円滑化法という法律の有無に関わらず、返済条件を緩和するということは融資先の資金繰りが逼迫、悪化していることを示しています。
資金繰りが逼迫、悪化しているということは融資をしている銀行側から見れば、融資金の回収に赤信号が点灯していることになります。





銀行融資の審査ポイントは「貸したお金が最後まできちんと回収出来るか?」がもっとも重要です。
資金繰りが逼迫、悪化していれば、「貸したお金がきちんと回収出来るか疑問」ということになります。
このような状態で新たな融資を行うことはやはり難しいのです。

将来、新たな融資が受けられるようになる前提としては、逼迫・悪化していた資金繰りが正常に戻り、借入金の返済にも支障がないという状態に回復していることが必要です。
資金繰りが正常に戻れば、きちんと返済出来る可能性が高く、融資を行う銀行側も安心することが出来るからです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%