金融円滑化法を利用するとその後新たな融資は利用出来なくなりますか?

更新日:

金融円滑化法を利用して返済条件の緩和をしたからといって、その後ずっと新たな融資が受けられなくなることはありません。
ただし、金融円滑化法という法律の有無に関わらず、返済条件を緩和するということは融資先の資金繰りが逼迫、悪化していることを示しています。
資金繰りが逼迫、悪化しているということは融資をしている銀行側から見れば、融資金の回収に赤信号が点灯していることになります。

銀行融資の審査ポイントは「貸したお金が最後まできちんと回収出来るか?」がもっとも重要です。
資金繰りが逼迫、悪化していれば、「貸したお金がきちんと回収出来るか疑問」ということになります。
このような状態で新たな融資を行うことはやはり難しいのです。
将来、新たな融資が受けられるようになる前提としては、逼迫・悪化していた資金繰りが正常に戻り、借入金の返済にも支障がないという状態に回復していることが必要です。
資金繰りが正常に戻れば、きちんと返済出来る可能性が高く、融資を行う銀行側も安心することが出来るからです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-返済条件変更(リスケ)
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.