リスケ中に新たな融資を受けることは出来ますか?

更新日:

銀行融資の審査においてもっとも重要なポイントは「貸したお金が最後まできちんと返ってくるか?」です。
貸したお金をきちんと返してもらうには融資先の資金繰りが問題なく推移していることが大切です。

リスケとは

一方でリスケは資金繰りが悪化し、約定通りの借入金の返済が困難になった場合に返済額の軽減を図る措置です。
つまり銀行から見ると貸したお金が最後まできちんと返ってこない可能性が高まっているということです。
このような状態で新たに融資を行うことはやはり困難です。

新たな融資を受けるには

リスケ中ということはまだ資金繰りが以前のように回復していないことを表しています。
資金繰りが回復してこなければ、融資の回収可能性もまだ回復していない状態です。
このようにリスケ中は新たな融資を受けることが事実上困難になります。
したがってリスケを検討するにあたっては、当面の間は融資が受けられないことを前提に資金繰りを計画することが事業の継続に極めて重要なことです。
なお一般的にはリスケ前に水準に返済額を戻すことが出来れば、再び新たな融資を検討することが可能となります。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-返済条件変更(リスケ)
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.