銀行融資を繰上返済すると銀行の心証が悪くなりますか?

更新日:

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行融資を繰上返済すると銀行の心証が悪くなりますか?

例えば5年返済の長期の銀行融資を受けている状態で、その後資金が余剰してきたため5年返済を待たずに繰上返済をした場合、銀行の心証が悪くなったり、その後の取引にマイナス影響を与えるかどうかですが、基本的に心証が悪くなったり、その後の取引にマイナスの影響が出ることはありません。

繰上返済を行うということはそれだけ事業が順調ということを意味していますから、銀行から見ればある面、安心出来る材料となります。
むしろプラス評価される側面もあるのです。

ただ、また後日資金が必要となって銀行融資の申込みを行っても、審査はあくまでその時点での返済能力などに基づいて行いますから、結果として融資の審査がOKとならない場合もあります。
この点はご注意ください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の審査に関すること
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.