他の借入があると住宅ローンは厳しいですか?

更新日:

ホーム住宅ローンと借金>他の借入があると住宅ローンは厳しいですか?

住宅ローンは基本的に「借りていただきたい」

他の借入があるからといって住宅ローンの審査が厳しいということはありません。
銀行などの金融機関にとって住宅ローンは主力商品ですから、借りていただかないと金融機関の経営に大きな影響をもたらします。
ですから金融機関としては住宅ローンをぜひ借りていただきたいのです。

きちんと返済出来る人に住宅ローンを貸したい

しかし何でもかんでも貸せば良いということにはなりません。
住宅ローンなどの銀行融資はきちんと最後まで返済してもらわなければなりません。
つまりきちんと返済出来るだろうと考えられる人に住宅ローンを利用していただきたいのです。
「きちんと返済出来るだろう」と判断する基準がその人の収入や、返済比率、過去の信用情報などです。

他の借入があっても利用出来る基準は返済比率

そして他の借入があってもその人の収入で「きちんと返済出来るだろう」と判断出来れば、住宅ローンを利用することは可能です。
他の借入があってもその人の収入で「きちんと返済出来るだろう」と判断する基準は返済比率です。
返済比率を算出する式の分子には住宅ローンとその他借入金の年間返済額が来ます。
そして分母にはその人の年収が来ます。
この返済比率が一定基準以下であれば、他の借入があっても住宅ローンの利用が可能なのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと借金
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.