他の借入があると住宅ローンは厳しいですか?

更新日:

住宅ローンは基本的に「借りていただきたい」

他の借入があるからといって住宅ローンの審査が厳しいということはありません。
銀行などの金融機関にとって住宅ローンは主力商品ですから、借りていただかないと金融機関の経営に大きな影響をもたらします。
ですから金融機関としては住宅ローンをぜひ借りていただきたいのです。

きちんと返済出来る人に住宅ローンを貸したい

しかし何でもかんでも貸せば良いということにはなりません。
住宅ローンなどの銀行融資はきちんと最後まで返済してもらわなければなりません。
つまりきちんと返済出来るだろうと考えられる人に住宅ローンを利用していただきたいのです。
「きちんと返済出来るだろう」と判断する基準がその人の収入や、返済比率、過去の信用情報などです。

他の借入があっても利用出来る基準は返済比率

そして他の借入があってもその人の収入で「きちんと返済出来るだろう」と判断出来れば、住宅ローンを利用することは可能です。
他の借入があってもその人の収入で「きちんと返済出来るだろう」と判断する基準は返済比率です。
返済比率を算出する式の分子には住宅ローンとその他借入金の年間返済額が来ます。
そして分母にはその人の年収が来ます。
この返済比率が一定基準以下であれば、他の借入があっても住宅ローンの利用が可能なのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンと借金
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.