他の借入があると住宅ローンは厳しいですか?

ホーム住宅ローンと借金>他の借入があると住宅ローンは厳しいですか?

住宅ローンは基本的に「借りていただきたい」

他の借入があるからといって住宅ローンの審査が厳しいということはありません。
銀行などの金融機関にとって住宅ローンは主力商品ですから、借りていただかないと金融機関の経営に大きな影響をもたらします。
ですから金融機関としては住宅ローンをぜひ借りていただきたいのです。

きちんと返済出来る人に住宅ローンを貸したい





しかし何でもかんでも貸せば良いということにはなりません。
住宅ローンなどの銀行融資はきちんと最後まで返済してもらわなければなりません。
つまりきちんと返済出来るだろうと考えられる人に住宅ローンを利用していただきたいのです。
「きちんと返済出来るだろう」と判断する基準がその人の収入や、返済比率、過去の信用情報などです。

他の借入があっても利用出来る基準は返済比率

そして他の借入があってもその人の収入で「きちんと返済出来るだろう」と判断出来れば、住宅ローンを利用することは可能です。
他の借入があってもその人の収入で「きちんと返済出来るだろう」と判断する基準は返済比率です。
返済比率を算出する式の分子には住宅ローンとその他借入金の年間返済額が来ます。
そして分母にはその人の年収が来ます。
この返済比率が一定基準以下であれば、他の借入があっても住宅ローンの利用が可能なのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%