住宅ローンにおける収入合算時の年収の考え方


ホーム住宅ローンの収入合算>住宅ローンにおける収入合算時の年収の考え方

住宅ローンにおける収入合算時の年収の考え方は一般的には「収入合算者の収入の全額または申込み本人の収入のいずれか低い額まで」という考え方です。

例えば
・申込み本人の年収=400万円
・収入合算者の年収=500万円
の場合、返済比率を算出する上での年収は400万円+500万円=900万円ではなく、400万円+400万円=800万円となります。

ご注意ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト