債務整理と家族への影響

ホーム債務整理全般>債務整理と家族への影響

基本的には債務整理は家族に影響しない

債務整理をしてもご本人を含めて家族の生活には基本的に影響はありません。
通常通りの生活が可能です。

家族のローン申込には悪影響も





ただ家族がローンやクレジットカードを新規申込をした場合には影響がないとは言えません。
ローンやクレジットカードの審査の原則は申込人本人の信用情報や収入状況等で判断します。
したがって家族内に債務整理をされた方がいらっしゃるとしても、基本的には関係がないのが原則です。

しかしながらローンやクレジットカード等の申し込みをされた場合には、必ず申込本人の個人信用情報を照会することになりますが、その際、債務整理をされた家族の方の情報が一緒に還元される場合があります。
個人信用情報を照会する場合には、氏名や生年月日、自宅電話番号などの個人情報を基に照会することになりますが、還元される情報にはこれら個人情報に一致する情報がすべて還元されます。

そうなるとご本人の情報の他に、自宅電話番号が一致するなどの理由でご家族の情報も一緒に還元されるケースがあるのです。
ここで債務整理されたご家族が存在することが判明してしまうのです。
ローンやクレジットカードの審査の基本はあくまでも申込人ご本人の情報のみですが、やはり家計は一緒ですからご家族の中に債務整理をされた方がいらっしゃることがわかると総合的判断で申込を否決とするケースがあるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%