個人信用情報の開示請求は履歴に残りますか?

ホーム個人信用情報に関すること>個人信用情報の開示請求は履歴に残りますか?

開示請求は履歴として残ります

自分自身の個人信用情報が気になる場合には各個人信用情報機関に情報の開示請求をすることが出来ます。
この場合、開示請求を行った事実が個人信用情報上に履歴として登録されるかどうかですが、履歴として登録されます。
登録期間は個人信用情報機関によって異なりますが、例えば全国銀行個人信用情報センターの場合には1年間登録されます。

したがって開示請求をしてからローンやクレジットカードの申込を行った場合、申込先の銀行など金融機関は申し込んでいる人が信用情報の開示請求を行ったことを知ることになります。

開示請求が審査に与える影響

このことが審査にどのように影響するかはまちまちですが、大半の人は自分自身の信用情報を事前に確認することはしませんから、審査する側からすれば「何かあるのかな?」「何かあったのかな?」などと多少疑心暗鬼になり、審査にマイナス作用が働く可能性はあります。

自分自身の信用情報に自信があるのなら、開示請求は控えたほうが良いかもしれません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。