住宅ローン審査において銀行カードローンは消費者金融と同じ扱いですか?

ホーム住宅ローンとカードローン>住宅ローン審査において銀行カードローンは消費者金融と同じ扱いですか?

消費者金融利用に対する金融機関の姿勢は厳しい

住宅ローンの審査では住宅ローン以外の借入状況が大きな影響を与えます。
特に消費者金融からの借入に対しては金融機関の姿勢は厳しいのが現実です。
消費者金融からの借入に対する金融機関のスタンスは金融機関毎によって異なりますが、多くの金融機関では消費者金融からの借入があるだけで、それがたとえ少額なもの、きちんと返済していても、住宅ローンの審査を否決とするところが決して少なくありません。

銀行カードローンの場合はどうなのか?





ここで問題になるのが銀行カードローンです。
純粋な銀行のカードローンであれば、それを利用しているだけで住宅ローンの審査が否決となることはないと思います。
ただし注意をしなければならないのは銀行カードローンのように見えて、実はそれが銀行系カードローンの場合です。

銀行系カードローンに注意

銀行系カードローンの場合は消費者金融の色合いが濃くなります。
銀行系カードローンというのは銀行と消費者金融が提携をして、消費者金融が実質的な審査や保証をしている商品です。
この銀行系カードローンの場合には、利用だけで住宅ローンの審査が否決となるケースは少ないとは思いますが、
金融機関によっては銀行系カードローン=消費者金融からの借入 とみなしているところもあります。

銀行カードローンと銀行系カードローンの見分け方はその保証会社に着目することです。
銀行カードローンの場合にはその保証会社はクレジットカード会社が担当しています。
一方で銀行系カードローンでは保証会社は消費者金融会社が担当しています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%