税理士を使うメリット

ホーム税理士に関すること>税理士を使うメリット

中小企業や個人事業主の中には経理事務や決算申告を経営者自ら、あるいは奥さんなどのご家族が行い、専門の税理士が使っていないケースが散見されます。
税理士を利用すると顧問料などのコストがかかるデメリットもありますが、一方でメリットもあります。

税理士を利用するメリット

税理士を利用するメリットとしては、
・複雑な税務関係を処理してくれる
・仕訳などちょっとした経理事務の疑問点をすぐに解決することが出来る
・税務調査の際、立ち会ってくれる
・経営相談に乗ってくれる
などがありますが、もっとも大きなメリットとしては対外的な信用度が高まる点だと思います。

対外的な信用度が高まる





決算申告書1つを取っても、税理士印があるのとないのとでは信用度がまったく違います。
銀行融資の審査の分野でも、提出された決算申告書に税理士印が押されているかどうかを確認します。
そして税理士印が押されていない場合、どうしても提出された決算申告書の内容の信憑性が低下し、特に点数化することは出来ませんが、審査面において目に見えないマイナス面が発生します。

自分に合った税理士と付き合う

税理士さんはたくさんいらっしゃいますが、自分に合った税理士さんとつきあうのが大切です。
いろんな税理士さんがいらっしゃいますから、自分に合った税理士さんを見つけるは大変かもしれません。
管理人のお客さんから聞く税理士さんへの不満としては、
・決算事務しかしてくれない
・決算以外のことを依頼すると手数料を取られる
・経営相談に乗ってくれない
・ほとんど来てくれない
などがよく耳にする事柄です。

まずは知り合いの顧問税理士さんを紹介してもらうなどして、より良い税理士さんを見つけてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%