特別用途地区とは

ホーム住宅取得に役立つ不動産基礎知識>特別用途地区とは

特別用途地区とは

用途地域は全部で12種類ありますが(詳しくは→用途地域の基礎知識)、これは全国一律に決められているものです。
しかし各地方には各地方それぞれに特徴などがあり、全国一律の「用途地域」の指定では不都合が生じる場合があります。
この不都合を解消するために各地方毎に決めることが出来るのが「特別用途地区」です。
各地方公共団体が条例で「特別用途地区」を定めることにより、全国一律の「用途地区」による建物を制限を強化したり、緩和したりすることが出来ます。

特別用途地区は全国一律の用途地域の上に上乗せされる

「特別用途地区」は全国一律の「用途地域」と独立して制定されるわけではありません。
全国一律の「用途地域」はきちんと定められていて、その各「用途地域」に必要があれば各地方が「特別用途地区」を上乗せすることが出来るのです。
「特別用途地区」が単独で制定されるわけではありません。

具体的に「特別用途地区」で私たちがよく耳にするのは「文教地区」とか「中高層階住居専用地区」などがあります。

特別用途地区に該当する場合の注意点

「特別用途地区」で住宅を建てようとする場合に注意すべき点は、全国一律の「用途地域」では建てられるはずの建物が「特別用途地区」の指定により建てられないことがあるということです。
したがって該当する地区の土地を購入しようとする場合には、宅地建物取引主任者から十分に説明を受け、確認することが大切です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。