店舗併用住宅で住宅ローンを利用する時の注意点

更新日:

住宅部分の床面積が全体の2分の1以上

店舗併用住宅の購入資金(建築資金)に住宅ローンを利用するには、まず住宅部分の床面積が2分の1以上であることが必要です。
住宅部分の床面積が2分の1未満であれば住宅ローンを利用することは出来ません。

住宅部分と店舗部分の完全分離

その上で住宅部分と店舗部分を完全に分離することも必要です。
わかりやすくするためにペンション兼住宅を建築する場合で説明します。
自宅用に使うキッチンを使ってペンションのお客さん用の食事を作ることは大丈夫だと思いますか?
答えはだめです。
ペンション部分と自宅部分を完全に分離することが必要ですから、自宅のキッチンを使ってペンションのお客さん用の食事も作るのであれば、それは「住宅部分」とは認められません。
自宅とペンション共用のキッチンは認められないのです。
自宅とは別にペンション用のキッチンがなければ、自宅のキッチンは「住宅部分」とは認められません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-経営者・自営業者の住宅ローン
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.