源泉徴収した所得税の流用



ホーム財務・会計・経理>源泉徴収した所得税の流用

源泉所得税の流用は決して少なくない

会社は従業員から源泉徴収した所得税を税務署に納付する義務を負っていますが、資金繰り上の問題でこれら所得税を会社の運転資金に流用するケースが決して少なくありません。

流用している場合、当然「滞納」となっているわけですから税務署から高率の加算税が課せられることになります。
資金繰りの問題ですから背に腹は変えられない事態だと思うのですが、このままでは銀行融資も受けることが出来ません。

分納手続きにより銀行融資が受けられる可能性があります

このような場合は銀行融資の観点から申し上げますと、税務署に対して「分納」手続きを取ってください。
分納手続きをすることにより銀行融資が受けられる可能性があります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。