住宅ローンの融資を受けたが当初の見積額より少なく済んだ

ホーム住宅ローンと資金使途>住宅ローンの融資を受けたが当初の見積額より少なく済んだ

実際の工事費が当初の見積額より少なく済んだ

住宅ローンの申込み時に銀行に提出した建築見積書に基づき住宅ローンの融資を受けたものの、実際には見積額より少なく済んだということは時々あることです。
例えば自宅建築の見積もりが当初は1,000万円であったが、実際に支払った金額は900万円であった場合、差額の100万円はどうしますか?
差額の100万円は家電製品やインテリア購入に回しても大丈夫でしょうか?
答えは絶対にダメです。

住宅ローンの融資を受けた後、資金使途の確認として必ず工事業者から受け取った領収書を銀行に提出必要があります。
これにより見積額より実際に支払った金額が少なく済んだことを銀行は知ることになります。

差額が発生した理由を銀行に説明してください





このような場合、最も大切なことはなぜ見積額より少ない金額で済んだか、その理由をきちんと銀行に説明することです。
そのままにしておけば、「計画的犯行」と見なされ銀行からの信用失墜を招きます。
最悪の場合、「資金使途違反」として融資を受けた住宅ローン全額を即時一括返済求められる事態に発展します。

見積額より少ない金額で済んだ理由、例えば材料費が予想以上に少なく済んだとか、工期が短く終了し職人さんに払う人件費が少なく済んだとか・・・。
合理的な理由を銀行にきちんと説明することが大切です。
場合によっては実際に建築工事を担当した工務店などの業者さんにも同席してもらうことも考えるべきです。
とにかく最初から計画していた、意図的なものではないことを銀行に理解させることが重要なのです。

余ったお金は一部繰上返済に

では余ったお金はどうしたらいいのか?
他の使途に流用することは絶対に出来ません。
最初から住宅ローンを実際の金額で組みなおすことも大変ですから、実務によくある取扱例としては差額分を一部繰上返済してもらう方法がよくとられます。
一部繰上返済した分だけ借金が減るわけですから、後々のことを考えれば楽になります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%