税金を延滞していると住宅ローンは無理ですか?

ホーム住宅ローンの審査と税金>税金を延滞していると住宅ローンは無理ですか?

住宅ローンの審査基準は金融機関毎に異なります。
したがって税金の延滞に対する審査態度も金融機関によって異なるのです。

税金の延滞は一切不可とする金融機関もあります





税金の延滞を含めて納税証明書に何らかのペナルティ情報が記載されていれば、一切住宅ローンはお断りとする金融機関もあります。
税金の延滞等の事実を資金的に余裕がないものと考えて、住宅ローンの返済能力をマイナス評価し審査を否決とするものです。

分納にてきちんと納付していれば問題視しない金融機関も

一方で税金の延滞はあるものの、現在は分納にてきちんと納付している場合には住宅ローンの審査上は特に問題視しない金融機関もあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達