銀行融資の支払利息が払えない

ホーム資金繰りの悩み事例>銀行融資の支払利息が払えない

銀行融資を回収することは預金者に対する銀行の義務

銀行は多くの預金者から資金を預けていただき、それを元手に銀行融資を行っています。
預金者には元本はもちろん、それに利子を加えて支払う義務を負っています。
したがって融資をきちんと回収しなければ預金者に資金を支払うことが出来なくなってしまいます。
また銀行融資の支払利息は銀行にとっての収益であり、この収益によって銀行自身の経費や設備費用などを賄っています。

支払利息が払えないということは資金繰りが破綻状態

銀行融資の支払利息が払えないという事実は率直に言ってその融資先の資金繰りは破綻しています。
融資先の資金繰りの悪化に対応して、銀行は融資の元本の返済猶予、つまりリスケは融資先の事業が継続されることなどを前提に極力応じているのが現実です。
しかし支払利息の猶予には応じていません。





これは銀行融資の支払利息は銀行自身の収益だということも関係しますが、それよりも支払利息さえ払うことが出来ないということは先ほども説明したように、融資先の資金繰りが既に破綻状態であることを示しています。
資金繰りが破綻状態ということは事業の継続が不可能だということです。

支払利息が払えない=銀行融資の貸倒

事業の継続が不可能ということは銀行融資の貸倒の危険性が現実的だということです。
このような資金繰り状態の融資先に、たとえ支払利息の猶予に応じても事業継続の可能性は乏しく融資金の貸倒処理を先延ばしにしているに過ぎません。
銀行は不良債権の処理を理由もなく先延ばしすることは許されていません。

支払利息が払えない場合には、融資先に厳しい選択を求めざるを得なくなるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%