小売業で毎日忙しいのに資金繰りが厳しい



ホーム業種別資金繰り>小売業で毎日忙しいのに資金繰りが厳しい

小売業は基本的に資金繰りは楽なはず

小売業というのは掛売りがほとんどありません。
つまり売った代金はその場で現金で回収出来るということです。
したがって小売業は基本的に運転資金は必要とはならず、資金繰りにそれほど悩む必要のない業態です。
それでも資金繰りが厳しい場合には大きく2つの理由が考えられます。

資金繰りが厳しい原因その1 赤字

1つめは「赤字」だということです。
簡単に言えば、仕入原価よりも販売価格が小さいということです。
この状態ではどれだけ忙しく毎日売上を伸ばしても、入ってくるお金よりも出て行くお金の方が多いわけですから、資金繰りは厳しくなります。
販売価格は同業他社対比妥当なのか、あるいは仕入先と仕入れの値下げを交渉できないか、検討してみる必要があります。

資金繰りが厳しい原因その2 過剰在庫

2つめは過剰な在庫あるいは不良在庫を抱えてはいないか、ということです。
在庫は売れてはじめて現金になります。
売れない在庫を多く抱えていないか、そもそも毎日あるいは毎月の売上に比べて必要以上の仕入れをしていないか見直す必要があります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。