製造業の資金繰り

ホーム業種別資金繰り>製造業の資金繰り

製造業の資金繰りの基本

製造業の資金繰りについて仕事と資金の流れはおおむね次のようになります。

1.原材料の仕入→買掛金が発生
2.買掛金の支払
3.外注先へ発注→外注先への支払いが発生
4.製品の製造→製造に関わる諸経費(光熱費や労務費他)が発生
5.製品の販売→売掛金が発生
6.売掛金の回収

1から5までの間は基本的に資金の支払が先行します。
上記に示していない経費、例えば人件費や賃借料、各種税金なども発生します。
そして最終的に6の売掛金の回収により資金が手元に入ってきます。
したがってこの間は資金のつなぎ、つまり運転資金が発生することになり銀行融資での調達などが資金繰り上必要となります。





さらに製造業の場合には製造のための機械や工場など生産設備の設備資金が発生します。

製造業の資金繰り見直しのポイント

適正な原材料の仕入が大切です。
必要以上の原材料の仕入れは間違いなく資金繰りを圧迫します。
受注生産の場合には必要以上の原材料を仕入れすることは少ないと思いますが、問題は見込生産の場合です。
見込みを誤ると必要以上の原材料を仕入れすることにつながります。
なかなか難しいのですが、やはり需要の予測やそれに基づく生産計画をしっかりと立案することが資金繰りの負担軽減にもつながるのです。

また生産効率も資金繰りに影響を与えます。
不良品の発生が多い、製造の作業効率が悪ければそれだけ経費が発生することになり資金繰りを圧迫します。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%