卸売業の資金繰り



ホーム業種別資金繰り>卸売業の資金繰り

卸売業の資金繰りの基本

卸売業の資金の流れの基本はつぎのとおりです。

1.商品の仕入・・・買掛金の発生
2.買掛金の支払
3.商品の販売・・・売掛金の発生
4.代金(売掛金)の回収

1から4までの流れの途中で、営業のための経費や人件費、商品倉庫の保管料、商品の納入のための運送費などさまざまな経費が発生します。

在庫管理が重要

卸売業においては一定の商品在庫の保有が営業上必要になります。
しかし資金繰り上では在庫は資金負担の大きな原因になります。
したがって在庫の管理が資金繰り上極めて大切な事柄です。
過剰な在庫は売れ残りのリスクとともに、資金負担を大きくしてしまいます。
過剰な在庫は仕入れをしてから販売されるまで時間がかかるということを意味しています。
販売されるまで時間がかかるということは代金の回収がそれだけ遅くなり、資金負担が増大するからです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。