信用情報機関で銀行はどんな内容を調べるのですか?

ホーム個人信用情報に関すること>信用情報機関で銀行はどんな内容を調べるのですか?

個人信用情報の調査目的は返済能力

銀行やクレジットカード会社は住宅ローンやカードローン、クレジットカードの審査にあたって必ず個人信用情報機関から信用情報の調査を行います。
銀行やクレジットカード会社などが個人信用情報を調べる目的は、申込みのある個人に関する信用情報、つまり「返済能力」を調査することにあります。





特に注目している個人信用情報

銀行などは返済能力を判断するために信用情報機関が保有している情報のうち、特に過去の延滞情報や事故情報、現在の借入残高を調べています。
これらの情報は申込みのある個人の「返済能力」に直結する情報だからです。
そして延滞情報や事故情報などに問題があれば、銀行などは保守的に「返済能力なし」と判断し、申込みを断ることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%