信用情報機関で銀行はどんな内容を調べるのですか?

ホーム個人信用情報に関すること>信用情報機関で銀行はどんな内容を調べるのですか?

個人信用情報の調査目的は返済能力

銀行やクレジットカード会社は住宅ローンやカードローン、クレジットカードの審査にあたって必ず個人信用情報機関から信用情報の調査を行います。
銀行やクレジットカード会社などが個人信用情報を調べる目的は、申込みのある個人に関する信用情報、つまり「返済能力」を調査することにあります。

特に注目している個人信用情報



銀行などは返済能力を判断するために信用情報機関が保有している情報のうち、特に過去の延滞情報や事故情報、現在の借入残高を調べています。
これらの情報は申込みのある個人の「返済能力」に直結する情報だからです。
そして延滞情報や事故情報などに問題があれば、銀行などは保守的に「返済能力なし」と判断し、申込みを断ることになります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。