決算書の見方入門3 貸借対照表の概要

ホーム決算書の見方入門>決算書の見方入門3 貸借対照表の概要

「決算書」というのは実は複数の帳票の総称です。
ただ「決算書」の中心をなすのは貸借対照表と損益計算書と呼ばれるもの2つだけです。
この2つの帳票を理解すれば、「決算書の見方がわかった」と言えます。
それではまず貸借対照表についてその概要を説明します。

貸借対照表が示すもの

貸借対照表の構造は次のようになっています。 

図1

資産

負債

純資産

 

貸借対照表というのは「企業の一定時点における財政状態を示すもの」です。
わかりやすく説明すると、
1.企業の事業活動に必要な資金や資産は、どこからどれくらい調達されたのか
2.調達した資金は何にどれくらい運用したのか
を示しています。





企業の事業活動に必要な資金や資産は図1の左側の資産の項目に記載されています。
そしてどこからどれくらい調達したのかは図1の右側の負債や純資産の項目に記載されています。

個人の場合で考えてみると

このことをより理解するために、私たち個人の場合で説明します。
例えば5,000万円のマイホームを頭金1,000万円と住宅ローン4,000万円で購入したとします。
この場合の貸借対照表は次のようになります。 

図2

マイホーム 5,000万円

住宅ローン 4,000万円

頭金 1,000万円

 

つまり、
1.5,000万円のマイホームは住宅ローン4,000万円と頭金1,000万円で調達したこと
2.住宅ローン4,000万円と頭金1,000万円は5,000万円のマイホームとして運用したこと
を表しています。

なお頭金は企業の場合の純資産に読み替えてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%