銀行融資審査マニュアル30 決算資金

ホーム銀行融資審査マニュアル>銀行融資審査マニュアル30 決算資金

決算資金とは

決算資金とは決算に伴う配当や役員賞与の支払い、納税に基づく資金需要です。
決算資金は当期の利益に基づいて支払いが発生するわけですが、その利益が現預金でプールされていれば、わざわざ銀行融資を借入する必要はありません。

しかし多くの企業の場合、利益はその一部しか現預金の形でプールされておらず、利益の大半は継続している事業のために仕入資金に使用したり、給与などの経費に充当したり、
仕入れてまだ販売されていない在庫の形でプールされているなどしています。
このような理由から配当や役員賞与の支払い、納税を行おうとしても十分な資金が手当て出来ていない場合が多く、その資金手当てのため銀行融資の借入を行うわけです。

決算資金融資の審査ポイント

決算資金融資の審査ポイントは次のような事項です。
・配当、役員賞与の額は利益処分案と一致しているか
・中間納税を行っている場合、申し込み金額にすでに支払った中間納税分が含まれていないか
・消費税の納税が含まれていないか。消費税は販売先からの預かり金であり本来は自社の事業資金などに流用してはいけないもの。
・過去の支払い実績から判断して今回の申し込み金額に違和感はないか

決算資金融資の期間は6ヶ月が原則

納税などに代表されるように決算資金は半期ごとに行われます。
したがって決算資金の銀行融資は次の支払い時期までに完済することが原則となり、融資期間は6ヶ月とするのが原則です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。