財務分析・資金繰り入門3 流動比率


ホーム財務分析・資金繰り入門>財務分析・資金繰り入門3 流動比率

流動比率とは

流動比率は短期支払能力を判断する指標として代表的なものです。
流動比率は次の算式により計算することが出来ます。

流動比率=(流動資産/流動負債)×100(%)

流動資産とは1年以内に現金化する資産です。
そして流動負債は1年以内に現金にて支払いが発生する負債です。
したがって流動比率の意味するところは、この先、短期間のうちに支払いが発生する負債を短期間のうちに現金化する資産でどれだけカバーされているかを示す指標となります。
もっと簡単に言えば、今後の支払いに備えられるだけの現金が準備出来ているかどうかということです。

流動比率の見方

流動比率は短期間のうちに支払いが発生する負債が短期間のうちに現金化する資産でどれだけカバーされているかどうかを示す指標ですから、100%以上が望ましいと言えます。
流動比率が100%以上であれば、当面の支払いの準備が一応は出来ていると言えますから資金繰りも一安心です。

一方で流動比率が100%未満であれば、今後の支払いの当てが少ないということですから、資金繰りが逼迫します。
場合によっては銀行融資の借入が必要となります。

流動比率は200%以上が望ましい

さきほど流動比率が100%以上であれば資金繰り上も一安心だと説明しましたが、これは流動資産の各資産が短期間のうちに現金として回収出来ることが前提です。
ここで流動資産の各科目をいくつか示しますと、
・現預金
・売掛金
・在庫
・前払費用
・仮払金
・貸付金
・・・

現預金はすでに現金化していますから大丈夫として在庫は短期間のうちに現金化される保証はありません。
在庫ですから、売れてはじめて現金化します。
売れなければいつまで経っても現金化しません。
さらに前払費用は一応流動資産の科目として計上されていますが、前払費用というのはすでに支払った費用のうち、将来分を便宜上資産勘定に計上しているだけで、将来現金が戻ってくるわけではありません。
仮払金も前払費用と同じようなことが言えます。

さらに売掛金の中に回収不能となっている不良債権が含まれていたりすれば、売掛金全額が短期間のうちに現金化されないことになります。

したがって流動比率が100%以上だからといって安心することは出来ないのです。
流動比率だけで当面の資金繰りが大丈夫なのか、そうでないのかを見極めるには、流動比率は少なくとも200%以上なければ本当は安心出来ないのです。

銀行融資の審査の世界でも流動比率が100%以上だからといって、融資先の資金繰りに不安はないと判断していません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト