財務分析・資金繰り入門6 現預金月商比

ホーム財務分析・資金繰り入門>財務分析・資金繰り入門6 現預金月商比

現預金月商比とは

現預金月商比とは期末時点で、その期の平均月商対比何ヶ月分の現預金を保有しているかを示す指標です。
現預金月商比は次の算式により計算することが出来ます。
現預金月商比=(現預金/平均月商)(ケ月)

現預金月商比で資金繰りのトレンドがわかる



現預金月商比は期末時点という一時期のみの指標ですから、絶対的な指標とは言えません。
期末日が休日か否かによっても現預金残高は変わってくるからです。

しかし現預金月商比は資金繰り状況を見る上で有効な指標です。
長期間のトレンドで見た場合、資金繰りが悪化している企業の現預金月商比は着実に低下傾向にあります。
銀行融資の審査面でも結構注視している指標なんです。
現預金月商比が1ヶ月未満の場合はかなりの高い確率でその企業の資金繰りは逼迫状態にあると言えます。

現預金月商比は資金繰り状況を見る上で簡単にわかる手軽な財務指標です。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。