財務分析・資金繰り入門10 有利子負債依存度


ホーム財務分析・資金繰り入門>財務分析・資金繰り入門10 有利子負債依存度

有利子負債依存度とは

有利子負債依存度=【有利子負債/(総資本+割引手形+裏書譲渡手形)】×100(%)

有利子負債依存度は総資本に占める有利子負債の割合を示す指標です。
低ければ低いほど良いと言えます。

有利子負債依存度の分析ポイント

有利子負債依存度が高いということは言い換えれば、借金に支えられて経営が成り立っていると言えます。
今後も支障なく銀行融資を受けることが出来れば経営に支障はないと言えますが、スムーズに銀行融資が受けられなくなると、途端に経営に支障が出てくる可能性があり危険です。

また有利子負債依存度が高いということは会社の規模対比借金そのものが多いということです。
銀行融資などの負債には基本的に支払利息が発生します。
会社の規模対比有利子負債が多いと当然ながら支払利息も多くなり、金利が上昇すれば大きく企業の収益を圧迫することになります。

不要な資産、つまり経営に役立っていない資産を売却して抜本的に有利子負債を圧縮することも検討する必要があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト