財務分析・資金繰り入門22 金融費用比率

更新日:

ホーム財務分析・資金繰り入門>財務分析・資金繰り入門22 金融費用比率

金融費用比率とは

金融費用比率=(支払利息・割引料/売上高)×100(%)

金融費用比率とは銀行融資や社債、手形割引に伴う支払利息・割引料の負担が売上高対比どれくらいかを確認する指標です。

金融費用比率の分析ポイント

金融費用比率が売上高営業利益率よりも低い場合には、営業活動によって得られた営業利益では利息の支払いが不能であることを示します。
銀行融資の審査においても営業利益で利息の支払いが負担出来ないことは、「利息すら支払えない」ということで融資は非常に困難なこととなります。

明らかに借入金の水準に問題がありますから、遊休資産売却による借入金圧縮など抜本的な対策が必要となります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-財務分析・資金繰り入門
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.