利益は出ているのに資金繰りが苦しいのですが


ホーム資金繰りの悩み事例>利益は出ているのに資金繰りが苦しいのですが

利益は毎月少しずつ出ているのですが、資金繰りが苦しいという経験はありませんか?
利益が出ているのですから、それに比例して資金繰りが楽になると考えがちですが、実は利益が出ているのに資金繰りが苦しいと感じるのは決して珍しいことではありません。

掛売りが資金繰り圧迫の原因

商売の形態にもよりますが、小売などの現金商売であれば売上金はすぐに現金として回収することが出来ます。
しかし多くの商売は掛売りです。
掛売りというのは売上が発生して利益が出ても、売上の回収期日までは手元に現金は入ってきません。

利益が出ている場合は売上も増えているケースが多いのですが、売上が増えれば仕入量も多くなります。
つまり仕入のための資金がより多く必要となります。
これが資金繰りが苦しいと感じる一番の原因です。

資金繰り改善のために銀行融資の活用

資金繰りが楽になったと感じるには売上の増加が一服したときです。
売上が増え続ける限り、ますます資金繰りが苦しいと感じることになります。
ただ商売的には売上が増え、利益が出ればこれに越したことはありません。
勘定あって銭足らずとはこのことなのです。

多くの企業ではこの資金繰りが苦しいのを緩和するために、運転資金として銀行融資を受けています。
銀行融資の資金を次の仕入資金などに活用して、より商売を拡大させているのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です