在庫の回転率と資金繰り

ホーム資金繰りの悩み事例>在庫の回転率と資金繰り

在庫は資金繰りを悪くする原因

小売・卸売業にしろ製造業にしろ、一定の商品や製品、原材料などの在庫が必要となります。
しかし在庫を抱えるには一定の資金が必要です。
そして在庫が売れてはじめて資金を回収することが出来ます。
在庫のままで倉庫に眠っていては、いつまでたってもその在庫は現金に変化しません。

在庫が売れて手元に入ってきた資金でもって、次の在庫を仕入れたり社員の給与を支払ったりするわけですが、在庫のまま眠っていては手元に資金が入ってきません。
つまり次の在庫の仕入や社員の給与に充てる資金が不足するわけです。

在庫の回転率が良くなると資金繰りは改善する

在庫の回転率とは在庫を仕入れてから販売されるまでの日数のことです。
早く売れればそれだけ早く手元に資金が入ってきます。
なかなか売れなければ、いつまで経っても手元に資金が入ってきません。
したがって、在庫の回転率が良くなる、つまり早く売れれば、それだけ早く手元に資金が入ってきますから資金繰りは改善するのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

急を要する資金繰り対策に!
お申込は簡単!必要事項を入力するだけ!【エフワン】
スピード審査で最短30分!SGファイナンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です