年間の経常利益と経常収支が一致しない

ホーム資金繰りの悩み事例>年間の経常利益と経常収支が一致しない

年間の損益計画や資金繰り計画を作成する場合、その整合性を判断するために損益の経常利益と資金繰りの経常収支を比較することがあると思いますが、双方の数字は一致しないのが普通ですから、一致しないからといって損益計画や資金繰り計画が間違っていると考える必要はありません。

損益は売上から原価や費用を差し引いたもの。
一方で資金繰りの経常収支は現金収入から現金支出を差し引いたものです。
売上がすべて現金商売であれば、損益の経常利益と資金繰りの経常収支が一致してもおかしくはないのですが、大半の商売は掛売りで行われています。





したがって損益を計画する上での売上にはまだ現金収入がないもの、つまり売掛金や受取手形の形でプールされているものがあります。
逆に仕入の方も買掛けで行っている場合には、損益の原価や費用に計上されていてもまだ現金支出が済んでいないもの、つまり買掛金や支払手形の形になっているものがあります。

資金繰りの経常収支はすべて現金ベースで計算したものですから、掛売りや買掛けが混在している損益上の経常利益とは一致しないのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%