銀行融資の基本

会社創業後、決算前に銀行融資を受けることは出来ますか?

会社を設立後、第一期の決算が出来るまでの間に、例えば試算表を銀行に提出することで銀行融資を受けることが出来るかどうかですが、現実的には難しいと思います。
試算表によって確かに創業後の実績をおおよそ把握することは出来ますが、試算表はやはり確定決算ではなく、決算までの途中段階です。
試算表では利益を計上していても、決算作業により赤字計上になってしまうケースは決して少なくありません。
したがって銀行から見て試算表はあくまでも現在までの業績の目安としか見ることが出来ないのです。

創業後でも使える創業融資制度

では会社を設立後は少なくとも第一期の決算が出るまでは一切銀行融資を受けることが出来ないのかといえば、決してそんなことはありません。
創業融資というと創業時の資金を創業の準備段階で申し込みをしないといけないと思われがちですが、創業後でも一定期間以内であれば申し込みをすることが出来ます。
例えば東京都の創業融資制度の場合には、創業後5年以内であれば申し込みをすることが出来るのです。
各地域によって期間は異なりますが、創業融資は創業前でないと申し込むことが出来ないことはありません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.