売上減少で資金繰りが苦しい


ホーム資金繰りの悩み事例>売上減少で資金繰りが苦しい

売上は資金繰りの出発点ですから、売上の減少は当然ながら資金繰りを悪化させます。
今後売上の回復が近いうちに実現するのであれば良いのですが、普通はそう簡単には売上の回復は望めません。

売上減少時にはまず資金流出の削減が大切

売上の減少は入ってくる資金の減少に直結しますから、そのままの状態を放置すれば時間の問題で資金繰りが破綻し、倒産に至ってしまいます。
売上減少時にはそう簡単には銀行融資による資金繰りの補填が困難ですから、売上の回復が具体的になるまでの間は売上減少に見合う資金流出の削減に取り組まなければなりません。

資金繰り維持のために固定費の削減はメスを

売上減少時に資金繰り面において大きな負担感になるのは、毎月決まった金額で出て行くもの、つまり固定費です。
この固定費にメスを入れない限り、抜本的な資金繰りの改善は難しいのが現実です。

固定費にはいろいろなものがあると思います。
人件費、事務所の家賃、保険の掛け金、銀行融資の返済など・・・。
事業の継続を維持するには、これら固定費の削減が避けられません。
自社内で完結できるものもあれば、銀行融資の返済など外部との交渉が必要なものもあります。

銀行融資はリスケ

銀行融資の返済については返済条件の緩和、つまりリスケという方法がありますから、取引銀行に率直に相談することが重要です。
基本的に銀行も融資先の倒産を望んではいませんから、事業の継続を支援するために返済条件の緩和は受け入れる場合がほとんどです。

とにかく売上減少時には資金の流出を抑制することが最重要項目です。
迷わずにすぐに行動することが大切です。
何もせずに時間が経過すればするほど、事態の改善は困難になってきます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト