銀行融資交渉塾1 事業内容の説明が第一歩

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資交渉塾1 事業内容の説明が第一歩

銀行融資の交渉にあたって、もっとも重要でそして交渉の第一歩は銀行の担当者にあなたのやっている事業のことをきちんと理解してもらうことです。
世間では銀行員はいろいろなことを知っていると思われているかもしれませんが、意外に知っていません。

銀行が顧客に融資するに当たっては、銀行内部で顧客に関する様々な資料を審査にあたって作成しなければなりません。
顧客の事業内容がよくわかっていれば、これらの資料もスピーディに作成でき、また融資の稟議書にも上司に対して説得力のある内容でアピールすることが出来ます。
しかし顧客のことがよくわかっていなければ、銀行内部の資料の作成にも手間取りますし、説得力のある稟議書は書けません。

このことからも銀行融資の交渉にあたってのもっとも重要で交渉の第一歩はあなたの事業内容をわかりやすく説明し、銀行の担当者をきちんと理解させることです。

事業内容の説明にあたっては、つぎのことを説明してください。
・どういうものを作っているのか、どういうものを販売しているのか
・商品やサービスは私たちの生活において、どのような場面で使われているのか

→例えば、自動車を販売している場合は一般の人でもすぐにイメージがわくと思いますが、機械に使われる部品を製造している場合、これだけの説明では何を製造しているのか具体的なイメージを持つことができません。
部品を供給している機械が最終的に何を作るのか、あるいは何に使われているのか、そしてその機械が作り出した物が最終的に私たちの身近な生活のどのような場面で使われているのかを説明するのです。
身近な日常生活でイメージを湧かせることがポイントです。

・売り先はどこなのか
・仕入先はどこなのか
・お金はどのような流れになっているのか
→これは物を販売して、そしていつ販売代金が回収出来るのか、あるいは仕入資金はいつ払うのかです。
物の流れとお金の流れの双方を説明するのです。

これらの説明にあたってはわかりやすい言葉で説明してください。
専門用語は極力使用しない方がよいです。
専門用語を使っても銀行の担当者はわかりません。
見栄を張ってわからないけれど、わかっているようにうなずく銀行員もいますから。

繰り返しとなりますが、銀行員は決して専門家ではありません。
あなたのやっている事業の内容を小学生の子供にもわかるように、丁寧に説明してください。
身近な日常生活の場面を使って理解させることがポイントなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。