銀行融資交渉塾5 自社の債務償還年数を知る

ホーム銀行融資の交渉>銀行融資交渉塾5 自社の債務償還年数を知る

銀行の融資審査の現場においてもっとも注視をしているのが債務償還年数です。
債務償還年数というのは融資先が借入金を自社の事業力で返済するのにどれだけの期間を要するかという指標です。

債務償還年数とは

借入金が少ないほど、また事業力、つまり収益力が高いほど債務償還年数は低い、つまり良好であることを示しています。

債務償還年数と銀行の融資方針の関係

銀行は債務償還年数によって概ねの融資方針を決めています。
債務償還年数が10年未満であれば、基本的には融資先からの融資申込みに対して前向きに検討することになります。
一方で債務償還年数が10年以上の場合には融資の申込みに対しては消極的な対応で臨むことになります。
銀行融資の申込みにあたっては一度自社の債務償還年数を計算してみてください。



債務償還年数が10年未満であれば良いのですが、10年以上であれば銀行融資の申込みにあたってはしっかりとした説明が必要になります。
債務償還年数が10年以上ということは、借入金が自社の体力対比過大であること、および自社の収益力が弱いことが原因です。
借入金が自社の体力対比過大である場合の対応策としては、無駄な資産がないかどうか見直しをしてください。

例えば
・事業に関係のない資産を抱えていないか・・・会員権や個人の貸付金など
・遊休不動産はないか
・過大な経営者保険に加入していないか
などです。

これらに該当する場合には可能な限り処分をして、その処分して得られた資金によって借入金の返済に充当し、身軽になることが大切です。

自社の収益力が弱い場合には無駄な経費を支出していないか、在庫水準は適正なのか、仕入れ値は適正なのかなど収益力を改善するためにどのような対策をすればよいのか今一度検討してください。
そして銀行融資の申込みにあたっては、無駄な資産の見直しや収益力改善の施策を銀行側にきちんと伝えてください。
すぐには改善しない事柄ですが、改善しようという姿勢を示すことが銀行融資の申込みにあたっては大切なのです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。